スポンサーサイト

  • 2012.06.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    Pushkar to Jaisalmer

    • 2012.03.19 Monday
    • 04:16
    あれれ 気付けば帰国後1年以上経っちゃった。
    インドでつけていた日記を頼りに
    めげずにインドネパール日記の続き。



    インド人たちに散々ビールは無いと脅されていたpushkarだが
    レストランに行ったら普通にビールあった。

    しかしルール上イタダケナイようで
    瓶ビールとともにマグカップを出された。


    pushkarのちいさなちいさな可愛い湖では
    ココナッツを買って 湖に流して
    お祈りしないと bad luckがあると言われまくり
    どこにココナッツを流している人が居るんだ?と反論するも
    しつこいインド人はなかなか折れてくれなかった。

    結局逆ギレされて水をかけられたことを機に
    けっこううんざりして
    湖には結局ほとんど行かなかった。




    野良牛が段ボールを食べていて
    結構衝撃的だった。

    pushkarからJaisalmer行きのバスの切符を買った。
    Rs.370(Sleeper class)

    Jaisalmerから Haridowar行きの電車の切符も買っておいた。
    SL(upper bed) Rs.690



    インドで泊まった宿の中で一番高かった。
    歩き方に載ってるatithi g.h.の手前。
    ダブルでRs.700(値段交渉後)
    でも一番奇麗だったし、ホットシャワーもばっちり使えたし
    テレビもあった。

    宿のおやじがchaiでも飲むかい?と聞いてくれたから
    いただいたら、ものすっごい美味しかったけど
    宿を出る際きっちり料金とられてたよね笑
    まあ美味しかったから良し。

    サキコとアキコは道はあっちだ、いやこっちだで
    少々プチ喧嘩。
    お互い別々の道で宿に帰ったりした。
    シェアしようと一緒に頼んだハンバーガー切ってー!やだ!で、
    またプチ喧嘩。
    少々着いてバタバタ動きすぎだし、疲れが見えて来た。




    外人だらけのこの観光地を抜け出して、
    いざJaisalmerへ。
    バスのSleeper Classってどんなんだろうと思ったら
    まるでドミトリーみたいになっていた。

    Jaipur to Pushkar 20110221

    • 2011.09.02 Friday
    • 00:32
    はい 久しぶりにインド日記更新

    Ashok家の厚い熱い歓迎に
    残念ながらさっそく疲れてしまった 沙紀子と亜紀子は
    旅路が長いのでもうPushkarに向かわねばという言い訳のもと
    Jaipurを出ますと告げたところ

    なんとみんなでPushkarまで送ってくれるということになった。


    前日に出したランドリー。もちろん乾いていなかった。
    ヒョウ降ったもんね... this is Indiaだよね...
    でもam11:00には出来るって言ったよね... でもthis is... ああ。

    ずぶぬれで 水分をたっぷり含んだ重ーい服たちと
    Ashokさん家族と友人1名でいざゆかば Pushkar.


    Kiranさんは私たちのリクエストにより
    普段着慣れないサリーを着てくれた。
    サリーは日本人の着物のように、着慣れていないと難しいんですなあ って。


    さて向かうはPushkar(プシュカル)
    なにやらインド唯一のBrahmanの寺院があり
    小さな小さな池をぐるんと囲むように 街がある。とのことで
    とてもかわいい街だと人に聞いていた。

    Ashokさんはお酒は呑めない街ですなあ と言っていた。

    道中、AjmerにあるAshokさんのお友達の家による。
    日本に住んでいたようで 日本語がうまいインド人夫婦であった。
    既に6人乗っていた車に
    Ashokさんの友達1人も乗り込み セダンに7人乗ってPushkarに向かう。。。

    無事到着。
    やんわり泊まりたかった宿(atithi guest house)は満員で
    Ashok友が 隣の宿のおやじと値段交渉してくれたら
    偶然Ashok友の父親とその親父が友達だとわかり
    定価よりすっごい安くしてくれた。超きれいだし ラッキーーーーー♪

    ごはんをごちそうしたかったが
    今から帰っても夜遅くなっちゃうし、ってことで
    せめてみんなでBrahmanの寺院を参拝しましょう、とみんなで行って解散。



    バイト先で知り合ったインド人にインドで会うなんて
    ほんとびっくり嬉しい出来事だったな。
    こんなに良くしてくれて 本当に嬉しかった♪
    ダンニャワード Ashok ji, Kiran ji !! Phir Milenge!!!!

    というわけで 無事Pushkarに到着。
    普通だったらAjmerまで電車。そっからバスで行くんだっけ?確か。

    Jaipur 20110220

    • 2011.07.06 Wednesday
    • 01:23
    Ashok ji(Ji:じー は 〜さん的な意味)の家で
    田舎に泊まろうinIndia を体験し
    朝am9:00に起こされる。

    帰ってそっこー寝たから気づかなかったけど
    あらびっくり広いしキレイなおうち。
    それになんといってもホットシャワーーーー!!!
    それに日本人ゲストのために、とトイレットペーパーーーーーー!!!!

    感謝感激の朝。
    テラスでもくもくたばこを吸っていたら
    目の前に洗濯屋さんらしきもの発見。
    問答無用で出しに行き、翌朝11時にはあがる。とのことだった。


    pink cityと呼ばれる街、ジャイプール。ほんとピンク。


    ということでお昼から観光ツアーに案内してもらう。

    向かっている途中で バイクにコツンとぶつかられる。
    Ashokさんがぶつぶつ文句いって終了。ずいぶんあっさりね。。。
    インドは車線などあって無いようなものであるが
    Ashokさん曰く 「インドでは事故はほとんどありませんなあー」とのことだった。

    インド人がいうヒンディー語の名と歩き方に載ってる名前が一個も一致しないので
    なんにもわからなかったけど
    アンベール城と思われる場所へ。


    左から Ashokさんの友達(日本語ぺらぺら), Ashok ji, Daksh(Ashokさんの子供)


    なぜか観光地の城の中にまで
    おそらく勝手に住んでる人の家があってサッパリ謎・・・
    そのことについて問うと、
    Ashokさん曰く、インドは人口が多いのが問題ですなあ、とのこと・・・

    うん、そうだよね。
    入場料払って入る所にまで人が住んでるなんてね・・・
    でも確か国土はずいぶん広いよね・・・


    出口付近で、Dakshがアイス食べたいと泣いて騒ぐから買ってあげたら
    美味しくないとのことで 即効地面に捨てられた 笑笑笑
    このインド人達は日本に来れたぐらいだし
    インドではある程度高カーストなんでしょうね・・・

    なんか色々腑に落ちなかったけど!笑 This is India!ってことでしょうね。笑


    夕方までドライブとか色々して
    その車中、渋滞の先に交通事故発見。
    思いっきりトラックが倒れていて、脇に新聞をかけられた遺体が。
    Ashokさん、事故はほとんど無いって今日言ってたよね。。。
    インド人もビックリしていた。

    さらにその後の車中、日中は半袖でいけた日だと言うのに
    大粒のヒョウが ドカーーーーーーーーーーー!と降って来た。
    インド人もそうとうビックリしていた。
    さすが Incredible India!!!!!!

    し ん じ ら れ ま せ ん ! ! 爆 笑 ! !


    エンターテイメントなレストランに連れていってもらい、晩ご飯!ひゃほー


    Rajasthanの人形劇やら踊りやらを たっぷり堪能!
    ちょー楽しかったし ちょー良かった!!!!!
    このおばちゃんの声がハスキーでちょーかっこよかった!!!


    左、サラダというか野菜。右上、ミックスベジアチャール。右下、タマネギのアチャール。
    肝心のメインのカレーの写真は無し。



    左から 沙紀子、亜紀子、Kiranさん(Ashokさんの嫁)

    Jaipur到着

    • 2011.06.22 Wednesday
    • 01:06

    Rajasthan州 州都:Jaipur 夜とうちゃくーーーん

    駅を出て あきことさきこ
    早速道ばたにて喫煙。


    ぷはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    と息つく間も無くインド人の輪に囲まれる。

    リクシャワラ以外話かけてこないけど
    とにかく とにかく じろじろ見られる。

    う ざ い ! ☆ ! ☆


    理由はあとになってわかったことだが
    この近辺はお酒もタバコも厳しい街であった。
    特に女がたばこを吸うなんてありえないようだった。

    それにしても
    視線がひどくむさ苦しく とにかく鬱陶しかった 笑笑笑

    んで さっそく
    バイト先の常連さんだったAshok(あしょーく)さんと再会
    駅まで友人と車で迎えにきてくれた。

    さっそく ごはん食べに。

    (わかんないカレー色々、真ん中:サラダ、その右:ダール)


    なぜかごはん屋さんの裏にある宿の一室。
    なぜかと思えば飲酒も喫煙も宗教的に厳しいから。とのこと。
    そういえばJaipurでは完全にベジ料理しか食べてない気もする。
    Ashok家もベジだった。
    なるぽろり!

    ここの人たちは熱心にヒンドゥーを信仰している人たちなようだ。


    そして今日はゲストが居るからって
    ぱんぱか ぱかぱか 電車疲れのうちらより酒を飲んでいたインド人達
    (左から2番目が Ashok さん)



    そしてわたしたちは
    酔っぱらいインド人達がたいがい面倒になりやがて疲れ果てたのであった。

    ( ´∀`)





    New Delhi to Jaipur

    • 2011.06.19 Sunday
    • 15:19
    インドにて 初電車 乗車 やっほーーーい

    インドで書いていた日記的なものを読み返していたら
    ニューデリーについて
    想像の25倍くらい汚くてびっくり。って書いてあった。笑

    電車の切符というのは 良い席からどんどん売り切れてしまうようで
    前日に切符を購入しにいったら
    残っている席でも SL(スリーパー)クラスが最も良い席であった。

    エアコンの必要な時期じゃなかったからまるで問題なかったけど
    ちょっと暑い時期だったら早めに予約しなきゃだめそうだ。

    SLは 天井にファンが何個かついていて
    3段ベッド。
    昼間は1段目をみんなの椅子として使用して
    2段目は座るのには邪魔になるからぱたんと畳んであって
    3段目の人以外は転がりたくても転がれないというシステムであった。

    なので UB(アッパー ベッド)を指定すると良い、ということは
    このとき何も知らず1段目を取ってしまったから気づいたミス。


     

    つーことで オールドデリー駅から ピンク色の街で有名なジャイプールへ。
    ニューデリーとオールドデリーは意外と離れていて
    リクシャーでRs.80〜100が相場。
    んで電車はSLクラスの席で 1人Rs.350。

    電車の中では 水売り 不明な食べ物売り 壊れたジッパー直し屋さん笑
    など 商店街のようであった。
    停車駅で 窓から手を出して チャイを買う。
    ちょっと長く停車する駅では、ご飯屋さんとかスナック屋さんとか
    色んな店が出ていて買い込める。
    それに物売りの人も大量に乗り込んできて車内はやたらうるさくなる。


    一杯Rs.5 10円て!安いー美味しいー嬉しいー
    この陶器のタイプの使い捨てカップ
    処分に困っていたら みんな窓から捨ててる。笑
    これは使い捨てる事によって カップを作る人の雇用がうまれるし
    土に返るからいいんだと 笑笑笑

    でもスナック菓子の袋でも
    プラスチック製の使い捨てカップも結局なんでも捨てるインド人。笑笑笑

    ついでに電車のトイレの排泄物はそのまま地面に垂れ流し。笑
    トイレから線路が見えました。笑

    ジャイプールでは、インド食材店のバイト先で知り合ったのち
    インドに帰ってしまった
    仲良しインド人の家族の家に遊びに行く事になっている。
    無事再会できるだろうかと わくわくでいっぱい。

    New Delhi

    • 2011.06.17 Friday
    • 02:24
     

    カナダが嫌いなお喋りカナダ人Alex,お話聞き役の優しいドイツ人名前忘れた 笑

    インドに着いてそうそう助けてくれた2人であるー。
    あきことさきこは 2人の事を勝手に「パパ達」と呼ぶ。

    インドに着いて翌日 さっそく道で再会したので
    一緒にランチを嗜むことに。
    お店やさんも右も左もさっぱり知らない私たちを
    のんびり出来る屋上のレストランに案内してくれたーーー

    パパ達が切符を買うというので一緒に駅まで行って
    パパ達2人と切符売り場で別れ
    2人はタージマハルで有名なアグラへ行ってしまった。。。
    私たちはのんびりだらだらと 次の目的地への色んな時間の切符を探すことに。
     ※外人専用の切符を買う窓口はニューデリー駅2階。
      インド人が買う窓口に並んだら買わせてくれなかった。
      外人専用のとこのが待つにも椅子があってラクチンだったよ。


    パパ達が居なくなってとても寂しく とても不安になった。笑笑笑

    新しいパパを探そうね♪ なんてあきちゃんと話していたら
    とても不安そうな日本人大学生男子2人とチケットオフィスで出会う。


    司くんと 大輔くん
    何しろ私たち同様 着いたばかりで
    地球の歩き方どおりのひどいインド人につかまり
    色んな店だったかツアーデスクだったか
    夜中じゅうひっぱりまわされたとかで!!!笑笑笑
    人間不信に陥ってた!!!笑笑笑

    あまりにも可哀想でさっそく保護。笑(老婆心!てか大笑いしちゃったけど)
    彼らも今日中にデリーから移動するとかで
    重たいバックパックを背負いながら
    電車までの空き時間どうしよってことだったので

    部屋に荷物を置かせてあげた。
    部屋はダイヤルロックをかけていたから
    時間がくるまで勝手に出入りして、勝手に荷物とって行っちゃっていいからね、と
    私たちはお出かけするのでお別れ。
    お礼にと、部屋に灰皿が無くて不便していたからって
    うちら2人に灰皿をプレゼントしてくれた♪♪ ありがとー!!宝物!!


    部屋に戻ったらさらに2人からお菓子と置き手紙があって
    お母さんとっても嬉しかったです。笑

    そんなわけで ニューデリー。

    野良牛がゴミやら何やらを食べている横で


    車もバイクもリクシャーもサイクルリクシャーも歩行者も何でも通って


    店の客引きも リクシャーの客引きも本当に鬱陶しくて騒々しくて
    きったない建物も ショッピングモールも
    乞食もお金持ちっぽいやつも
    何でもある、何でもありな 変なアクの強い街でした。


    メインバザールでお気に入りだった朝ごはん
    (オムレツ、パラタ、ラッシー、チャイのセット Rs.85)

    デリー到着

    • 2011.06.17 Friday
    • 00:45
     2月17日 夜10時くらいインド到着ーーー!!!!


    前半はあきこと2人でインドをまわった。


    2人とも興奮をおさえつつ
    空港からニューデリーの安宿街、
    いざメインバザール(パハールガンジ)に向かう。

    ちなみにRs.1(ルピー)=約2円
    事前に仕入れた情報によるとメインバザールまで
    taxi Rs.250
    Bus Rs.50

    ってことでバスが居たので乗ってみる。

    インド人ばっかりーーー!て当たり前なんだけど
    インドに着いたばかりでとにかくわくわくで嬉しかった。笑

    バスが発車したら切符orお金回収おじさん登場。
    切符の値段をさっそくふっかけてきた。
    あまりにも噂通りにふっかけてくるうえに
    お釣りがないとか 色々ごねるはなんだで

    噂のRs.50 ではなくRs.75/1人で落ち着く。
    本当にRs.75だったのかは不明!!!!


    んでニューデリー駅前でバスは終点。
    てゆか ニューデリー駅かもわかってなかったし
    ここからメインバザールは近いのかも何もわからず きょとん・・・(。・Д・。)

    バスを降りた瞬間に ぼったくり臭のぷんぷんする
    リクシャー(タイのトゥクトゥクみたいなやつ)親父たちに取り囲まれ
    メインバザールの場所を聞くと全員違う方向を指す 笑笑笑笑
    ☆ つ い て く わ け が な い ☆

    暗くて歩き方も読めないし
    バックパック重いし 宿探さないと時間的にやばいし
    おろおろとあせっていたら
    偶然カナダ人とドイツ人の若者男子に助けられて
    無事メインバザールに辿りついたのですた。

    行きたかった宿まで一緒に探してくれて
    晩ご飯も誘ってくれて
    ほっとしたと同時に

    予想を遥かに上回る
    汚さ
    臭さ
    リアル野良牛
    暗さ

    等に そーとーびびって先行きが若干不安になったインド初夜でした。

    インド・ネパール

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 22:55
     

    インド。
    呼ばれない人は辿り着けないとか
    好きになるか嫌いになるかで 真ん中はないとか
    ガンジス川に入ったらおなかくだす、下手すりゃ入院とか
    とにかくカレーしかないとか
    トイレがはんぱねー!
    インド人うざい(笑)とか

    そんな行く気がうせる事ばっかり噂のインド。


    それからおまけに
    インドにくたびれてから行くと
    人は優しいし 景色はいいし ごはんは美味しいし

    そこはまるで天国のようであるって噂のネパール。


    うざくて笑えて疲れて楽しかった旅行の事を
    きまぐれにちょっとずつ記しておくことにするーーーー!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM